【るろ剣】映画3部作の無料視聴方法

勉強や仕事のやる気を一日中持続させる方法!合間に5分間の運動をしよう【マイクロバースト法のすすめ】

やる気を1日中持続させる方法

やる気が続かない

やる気が出てもすぐになくなって困る

やる気を持続させる方法がそもそも分からない

この記事ではこんな悩みに答えます。

みつきよ
こんにちは、みつきよ( @mitsu_kiyo )です。普段の作業では、やる気を高めるテクニックを駆使しています

勉強や仕事を始めてもやる気が出ない…

せっかく少しやる気が出たと思ったらすぐに消えてしまった…

すぐに疲れてしまいやる気が失せる…

こんなときってよくありますよね?

でも、ちょっとしたコツを使えばその『やる気の炎を持続』させることができます。

それは、『作業の合間に5分程度の軽い運動を挟む』こと。

このメソッドは『マイクロバースト法』とも言われていて、軽い運動の例を挙げると

  1. 散歩する
  2. ステッパー
  3. アブローラー
  4. バーピーをする
  5. 座りながら足上げ腹筋

などがあります。

マイクロバースト法を行うことで

『やる気が一日中持続する』

『1日の疲労感が軽減する』

『食欲が抑えられて痩せる』

などのメリットが得られることも研究で分かっています。

みつきよ
今回は、そんなやる気を一日中持続させてくれる『マイクロバースト法』について解説していきます

※集中力を高める『スタンディング姿勢』については、【スタンディングデスクの効果】半年続けて得た5つのメリット【腰痛・首の痛み・眠気の対策、改善におすすめです】が参考になるので、読んでみてくださいね。

【スタンディングデスクの効果】半年続けて得た5つのメリット【腰痛・首の痛み・眠気の対策、改善におすすめです】

※モチベーションを高め、習慣化する『カレンダー手法』に興味のある方はをぜひお読みください。

やる気を高め、持続させる『マイクロバースト法』とは

やる気を高め、持続させる『マイクロバースト法』とは

勉強や仕事を始めてもやる気が出ない…

せっかく少しやる気が出たと思ったらすぐに消えてしまった…

すぐに疲れてしまいやる気が失せる…

こんな場合は、『マイクロバースト法』でやる気を持続させましょう。

マイクロバースト法とは?

仕事や勉強などの作業の合間に軽い運動を挟むことで、やる気を長時間持続させる方法。

具体的には、1時間の作業に対して5分程度が目安。

とある実験で、20代~50代の男女にマイクロバースト法を試してみたところ、「何もしない場合よりも『幸福感』『活力』が長時間継続した」という研究結果が報告されています。

みつきよ
マイクロバースト法は、1時間の作業ごとに5分程度の簡単な運動をすればオーケーです。

そこで、『仕事や勉強の合間にサクッとできる簡単な運動の例』を5つご紹介します。

マイクロバースト法に適した運動を5つ紹介

マイクロバースト法に適した運動を5つ紹介

冒頭でも触れましたが、やる気を高める『マイクロバースト法』の運動例は以下のとおり。

  1. 散歩する
  2. ステッパー
  3. アブローラー
  4. バーピーをする
  5. 座りながら足上げ腹筋

みつきよ
それぞれ解説していきますね

散歩する

軽い運動の代表格といえば『散歩』。

作業の合間に散歩をすることで、やる気を持続させましょう。

  • 出来れば自然の中を散歩できると最高
  • 会社のオフィスであれば、コーヒーを買いに行く
  • 階段の上り下りも効果的です

できれば自然の中を散歩できると最高です。

これは『バイオフィリア』という方法で、自然の中で運動をすることでストレス解消効果が得られます。

ストレスが解消されると心身がリラックスし、集中力とやる気の向上に繋がります。

みつきよ
オフィス外などでも、街路樹などが植えてある道路があれば積極的に散歩すると良いですよ!

ステッパー

ステッパーとは以下のような運動機用具のことです。

悪天候で外に出られない時や、散歩をする場所が近くにない場合に有効です。

また、散歩と違って自分自身がその場から移動しないため、

  • 読書しながらステッパーでを踏む
  • スマホで動画を観ながらステッパーを踏む

などの『ながら休憩』をする事が出来ます。

みつきよ
僕もステッパーは半年ほど前から愛用していまして、ブログ作業の休憩時間や、読書しながら踏んでいます!室内で完結しますし、集中力が持続する実感もあるのでオススメですよ~

アブローラー

アブローラーとは、以下のような運動器具です。

友人宅などで見かけたことのある人も多いのではないでしょうか?

アブローラーを使う際のポイントは以下のとおりです。

  1. 膝を立てた状態で10回~20回程度前後させる
  2. 前に押すときは息を吐き、後ろへ引く際に息を吸う
  3. 息を止めてしまう場合は、回数を声に出すとやりやすい

みつきよ
僕はこのアブローラーも愛用してまして、作業の合間にしょっちゅうコロコロしています!実施した後は体感できるレベルで作業効率が上がるので、自宅での手軽な運動として超おすすめですよ!
注意
いきなり強い負荷をかけると腰を痛める可能性があるので、必ず膝を立ててゆっくり行ってください!

バーピーをする

バーピーとは、4つのステップからなる全身運動のことです。

他の運動方法と比べると少しハードですが、体力に自信のある方ならおすすめです。

実施方法については以下の動画が簡潔で分かりやすかったので、掲載いたします。

ご覧のとおり結構ハードな動きなので、『少しキツイな…』という場合は無理せず他の運動を選択しましょう。

みつきよ
なお、バーピーは脂肪燃焼効果が高く、その手軽さと時間効率の高さから、忙しい現代人でも習慣化しやすい運動として最近注目を集めていますよ!

座りながら足上げ腹筋

散歩やバーピーなんて、ウチの職場じゃそんなスペース無くてできないよ!!

職場のオフィスにいると、なかなか席を立てない時ってありますよね。

そんな場合は、『椅子に座りながらの足上げ腹筋』が密かに実践できておすすめです。

  1. 椅子に座ったまま、両ひざを揃える
  2. 腹筋に力を入れる
  3. 腰を軸に膝から足をゆっくり上げ下げする
  4. これを10回×2~3セット行う

侮ることなかれ、結構きついので試してみてください。

みつきよ
ちなみに僕は眠くてたまらない会議中なんかにも積極的に実施して、やる気を高めつつ睡魔と死闘たたかっています…(笑)

【まとめ】マイクロバースト法でやる気を一日中持続させよう!

まとめ|やる気を持続させて仕事や勉強の効率アップを図ろう!

今回は、やる気を持続させる『マイクロバースト法』について解説しました。

1時間ごとの仕事や勉強の合間に5分間の軽運動を取り入れて、やる気のリズムを保ち、持続させましょう。

  1. 散歩する
  2. ステッパー
  3. アブローラー
  4. バーピーをする
  5. 座りながら足上げ腹筋

みつきよ
ぜひ、自分にあった方法を実践してその効果を体感してみてくださいね!

※集中力を高める『スタンディング姿勢』については、【スタンディングデスクの効果】半年続けて得た5つのメリット【腰痛・首の痛み・眠気の対策、改善におすすめです】が参考になるので、読んでみてくださいね。

【スタンディングデスクの効果】半年続けて得た5つのメリット【腰痛・首の痛み・眠気の対策、改善におすすめです】

※モチベーションを高め、習慣化する『カレンダー手法』に興味のある方はをぜひお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です